無料
エロ
動画
SMは道具なしでも出来ますが、アダルトグッズの特性を活かせばより楽しめます。SMグッズの選び方と使い方、素人に可能な作り方も。 【RSS 1.0】
 この「SMグッズの選び方と使い方」は、成人向けです。18歳未満の方は読んではいけません。すぐにブラウザを閉じてください。

 また、掲載されている情報を閲覧することで生じたすべての問題、損失、損害について、当サイトは一切責任を負いかねます。くれぐれも、自己責任においてお読みください

ベッドに磔

 ベッドの上で磔にされた女性というのは、キューティハニーや峰不二子がそうであったように、着衣であってもエロティックなものだ。それが裸で磔となると、無防備な印象に淫靡な感じが掛け合わさって、責める側もとても興奮する。

 しかし、実際にこのプレイをしようとすると、手首・足首を括った縄をどこに結びつけるかという問題にぶつかる。足つきのベッドであれば、それを使えばいいわけだが、床との間に隙間がほどんとないタイプだと、固定する場所がなくて困ってしまうことが多い。

 そういう時はマットレスの下を通すと、スマートに拘束できる。普通のベッドのサイズだと、7メートルの麻縄が二本あればいい。マットレスをめくって、二つ折りにした縄を手首と足首が来る辺りに横に通す。縦方向に通しても問題ないが、股間を開く角度を大きくするには横方向の方がいい。

 縄をセットしてから女性を寝かせ、後は手首足首を縛るだけ。この際、縛り方の基本を守らないと、鬱血等の危険があるので注意が必要。つまり、二重に回した縄に最低でも指一本程度の余裕を持たせ、その全部を下から掬い取る形で縄尻をくぐらせてから結ぶやり方をする。

 ラブホテルによっては、ベッドの四隅に皮製の拘束具を鎖で固定している部屋があるが、拘束具が緩すぎて緊張感に欠ける場合が多い。安全面を考えると、これは仕方ないのだろう。なので、自前で用具を用意しておく方がいい。

 もちろん、必ずしも麻縄である必要はなく、100円ショップで売っている7m程度の綿ロープでも十分である。肌に食い込む密着感は劣るものの、緊縛する時の縄掛けと違って、皮膚に触れる面積が限られているため、それほどのハンデにはならないと思われる。

 磔にした後は、バイブやディルドで責めたり、動画を撮影したりということになるだろう。フェラチオはそのままでも無理なく出来るが、膣への挿入時は、足の縄は一旦解いた方がよい。最初にもう一本の縄を手の辺りに通しておき、その端に両足首を結び替えて、屈曲位で交わるというやり方もある。

 通常の磔だと肛門はほとんど見えないが、足が上に引っ張られると丸見えになってしまう。排泄器官への視姦を恥ずかしがる女性が多いため、準まんぐり返しともいえるこの縛り方は、実に効果的だ。もちろん、言葉責めで女性の羞恥を煽ることで、その効果は何倍にも増幅される。

 

「ベッドに磔」 is posted to SMグッズの選び方と使い方
at 2011/04/28(木) 16:54:19 | 羞恥を煽る

 


copyright © 2010 SMグッズの選び方と使い方 all rights reserved.
SMグッズの選び方と使い方
QLOOKアクセス解析
close