無料
エロ
動画
SMは道具なしでも出来ますが、アダルトグッズの特性を活かせばより楽しめます。SMグッズの選び方と使い方、素人に可能な作り方も。 【RSS 1.0】
 この「SMグッズの選び方と使い方」は、成人向けです。18歳未満の方は読んではいけません。すぐにブラウザを閉じてください。

 また、掲載されている情報を閲覧することで生じたすべての問題、損失、損害について、当サイトは一切責任を負いかねます。くれぐれも、自己責任においてお読みください

鼻フック

 鼻フックとは、鉤型に曲がった細い金属の棒を鼻の穴に引っ掛け、持ち上げた状態で固定することで、いわゆる「豚鼻」を作るための道具である。テレビのバラエティ番組などでも見ることがあるが、主な使用目的はSMにおける羞恥責めである。
 
 SMにおいて、従者側は時に奴隷と呼ばれ、時に物扱いされ、また時に牝と位置づけられる。この最後の牝だが、それが何の牝であるかもバリエーションがある。一般的には牝犬、あるいは雌豚。稀に牝猫だったり、牝ウサギだったりもする。
 
 鼻フックは、従者を雌豚に模す際に使われる。犬や猫はペット=愛玩動物だが、豚は家畜に過ぎない。猫は家の中を好きに歩き回るし、座敷犬もいるが、豚を家に上げる人は稀だ。つまり、豚扱いされるということは、より深い屈辱を受けることだ。
 
 そこまで考えなくとも、単純にブス顔になるというのが、女性にとっては耐え難いことだろう。慕っている相手に対して、鼻の穴を広げられた姿を晒し撮影され、そのままでイラマチオされるのは苦痛であり、女としての自我崩壊につながりかねない。
 
 
 とはいえ、市販で探そうとすると、鼻フックはほとんど売っていない。エピキュリアンには赤い鼻フック黒い鼻フックがあるが、それなりのお値段がする。いっそ作ってしまえないかと思って試したところ、割に簡単に作れた。
 
 材料は、百円均一で買ってきた金属製のS字フック。アルミ合金っぽくて、これも百均で買ったラジオペンチで曲がった。先っぽのビニールキャップが鼻の粘膜に当たるので、安心設計。現場でのフックの間隔調整は、指で簡単にできる。
 
 ビニールコーティングされた針金を、曲げて作ることもできる。ただ、初心者はなかなか形がうまく定まらない。こちらも鼻粘膜を傷つけないために、針金の先端が鼻に来る構造にせず、U字に曲げて一筆書きのようにするといいだろう。
 
 吊り上げる部分は、黒いゴムひもを使ってみた。頭の上を回して後ろで首輪に結び付けようとしたが、隙間がなくて苦労した。一度外さなくてはならないというのは、改良の余地がありそうだ。

 愛奴に試してみて、これはいけるとなったら、上記の市販品を購入するのもいいと思う。しかし、主が手作りした道具で責められるのを至上の悦びとする奴隷もいるので、その辺りは相手の反応を見極めて、だろうか。
 
「鼻フック」 is posted to SMグッズの選び方と使い方
at 2011/04/04(月) 18:59:14 | 羞恥を煽る

 


copyright © 2010 SMグッズの選び方と使い方 all rights reserved.
SMグッズの選び方と使い方
QLOOKアクセス解析
close